ドリーム・ワールド

バンコクにいる人ならほとんどがドリーム・ワールドという遊園地について聞いたことがあるでしょう。

本記事で、私もうすぐ3歳になる娘をドリームワルドに連れて行ってきた感想を書いて、あなたはそれを読んで行った方が良いのかどうかだいたい想像できると思います。

まず、そこまでどう行ったか説明します。

私はアトラクション乗り放題+ランチ+送迎サービス付きのチケットを旅行会社で働いている知り合いから購入しました。ドリームワールドのオフィシャルサイトから買うとこんなチケットが一人1200バーツします。身長が90センチ超えているなら同じ料金払わなきゃいけないと言われ、私は知り合いに払ったお金は私と娘の分2100バーツでした。ということは一人1050バーツですね。しかも受付の前で「あなたの子が無料」と言われ、92センチだったけどぱっと見で90センチ超えるように見えなくて。。。でもすでにチケット代払ってたので仕方なかったのです。節約しようとしたのに損したので惜しかったです。

あとで、安くチケット購入できるサイトを知り、サファリ・ワールドに行った時にそこで購入しました。それについてサファリ・ワールドの投稿を見てくださいね。

それではドリーム・ワールドの話に戻ります。

決まった日に朝8時半にコンドミニアムの前でミニバンが待っていました。私と娘が初めての乗客でした。そして、他の乗客をピックアップするために違うホテルに向かいました。乗客が遅れていてしばらく待ってから4人が来てドリームワールドに向かいました。一時間後くらいにドリームワールドに付きました。受付でバウチャーを見せると地図とランチのクーポンと服にハールシールをもらいました。

10時に遊園地が空いてみんなが入り始めました。

入り口の前

入り口から乗り物まで並木を歩くと写真撮るためのコンポジションが並んでいました。

写真用のコンポジション

それを過ぎるとアトラクションが見えて来ます。

ここは乗り物のリストです。

140センチ以上の子供と大人が乗れる乗り物が一番多く、22個です。90ー109センチに当てはまる私の娘は乗り物を15個乗れることができます。

乗り放題のチケットだと全ての乗り物に何回も乗ることができます。私たちは平日に来たため客が少なく、全く並ばないで好きな乗り物に何回も乗れることができました。

これは私の娘に気に入った乗り物です。

これは大人向けのエクストリームな乗り物です。私たちはそんなのを通り過ぎてただけですが。。。

娘に早かった乗り物が多かったけど、とても楽しくて、行ったことに全然後悔しなかったです。

私たちはなぜかスノータウンに寄らなかったです。実は、遊園地が広くて娘と2人で私に全てのアトラクションに参加すると体力足りないと思い、ゆっくり公園を歩き回ったのです。

時計周りに遊園地を歩いていて、Play Portという室内遊び場にとどり着きました。そこはエアコンも付いていてこそで暑さからちょっと休むことにしました。

遊び場からランチするレストランが遠くなかったのでそこに向かいました。ビフェーの内容はシンプルでチョイスが多くなく、タイ料理でした。料理にうるさくない人なら十分じゃないかと思います。

食べてから家畜の動物がちょっといるアニマル・ファーム(Animal Farm)というところに逢を踏みました。ここは入場料が別料で60バーツかかります。娘が無料でいけました。入り口の前で20バーツで動物用の餌を買えます。

大人にとって狭い空間にいる動物を見るかわいそうとしか思わないだろうが、都会に住んで、動物を絵本の中でしか見ない子供たちには大喜びです。近くに見たり、触ったり、餌をあげたり。。。普通の生活で中々できないことです。娘が大興奮しました。ウサギがお腹がいっぱいそうであまり食べてくれなかったが、他の動物たちガンガン食べてくれていました。

オウムなどの鳥がいるスペースもあって、そこで手を伸ばして、販売のひまわりの種を見せると寄って来ます。娘も怖がらずやってました。

アニマル・ファームの中に犬のお部屋もあります。そこも別料金で100バーツもかかります。ここ自分だけの分を払って、娘が小さいから無料でOKでした。小さな犬が好きな人に気にいるかもしれません。でも大したことがないです。お部屋が狭くて、犬が多くて、犬がお手入れ足りなくてあまり元気じゃない感じがしました。娘が喜びましたが、私は娘のためじゃなかったら私は入らなかったです。

次は鯉に餌をやりました。餌を近くに20バーツで買えます。魚に餌をやることがどんな公園でも娘の大好きなアクティビティです。

後は遊園地を走る電車に乗って、そしてロープウェイに乗って出口に迎えました。

ロープウェイロープウェイに乗っている娘

あと30分くらいがあって、ウォター・パークで水遊びをさせてから帰ろうと思いましたが、保護者の大人も中に入るなら水着が必要と言われ(子供博物館と同じ感じだと思い私は娘の分しか持って来ませんでした)、やめました。水遊びの近くで水着を変えましたが、時間もそんなに残ってなかったし、やめました。しかし、この暑さの中、子供たちがとても気持ち良さそうで楽しそうでした。なので、小さい子供と一緒に行く場合がご自分の水着もお持ちください。

午後3時30分に出口の前で集合時間でしたが、市内からドリーム・ワールドまでのミニバンが渋滞に止まって30分くらい遅れて来ました。

ミニバンがきて乗ったばかりで娘がすぐに寝てしまい家に着くまで熟睡しました。ミニワンに乗ってた子供たちがみんな寝ちゃいました。

全部でいうとドリーム・ワールドに行って来て良かったと思います。ただ、送迎サービス付きだと朝客をピックアップしたり、帰りが遅れてくるミニバンをまったりしてたので、次は遠く行くとタクシーで行った方が良いと思いました。

遊園地のテリトリーが大きくて、大人でも歩くと疲れます。小さなお子様なら絶対無理で、疲れて抱っこになると思います。ベビーカー貸し出しがないのでご自分のベビーかを持って行くことをお勧めします。

ただ、送迎サービスだと、ミニバンでベビーカーを運ぶだけで350バーツ料金が取られます。

私の娘が歩くの嫌いなの知ってるので旅行用にポキットというベビーカーを購入しました。このベビーカーが現在存在するベビーカーの中で一番コンパクトにたためるベビーカーで専用のカバンに入れて気軽に持ち運びできます。私のカバンの中にベビーカーが入ってるなんて誰もわからなかったのでミニバンにベビーカーの追加料金はもちろん必要ではなかったです。重さが4.3キロで軽く、買って大満足で、旅行する家族に本当にお勧めします。

ポキットベビーカーに乗っている娘

営業時間 平日10:00〜17:00 土日祝10:00〜19:00

住所 62 RANGSIT-ONGKARAK RD.,THANYABURI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*